GCの注記

こんにちは!

東京都千代田区で「堀井公認会計士事務所」と

「みさき監査法人」の代表を務めている公認会計士の堀井です。

 

GCの注記が大きく変更することになりそうです!!

 

国際会計基準やアメリカの基準に合わせるとのこと。。。

 

日本のGCの基準は、継続企業の前提に重要な疑義を抱かせる

 

事象または状況は存在する場合に必ず注記を必要としていましたが、

 

改正案では、継続企業の前提に重要な疑義を抱かせる事象または

 

状況が存在する場合には、経営者の対応や経営計画を検討・評価し、

 

その結果、継続企業の前提になお「重要な不確実性」があると判断した場合に、

 

GCの注記を必要とするようになるとのこと。

 

実質的にGCの注記が緩い取扱いになります。。。

 

ちょっとヤッカイなのは、適用時期が平成21年3月決算から適用とのことで

 

準備期間が短すぎるというのが印象です(><

 

 

このブログ記事について

このページは、ahoriiが2009年3月31日 11:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ザ・ゴール」です。

次のブログ記事は「エイプリルフール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。