2010年6月アーカイブ

心理学の本

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

学生時代、心理学や倫理学などが好きでよく勉強しました。

 

ちょっと昔勉強したことを思い出す意味も含めて心理学の本を購入して読んでみました(^^

 

大人になって読んでみると「何を言っているんだろう・・・」という感想を多く受けました。。。

 

学生時代は、興味津津で読めた内容も、大人になっていろいろ経験してくると違和感を感じることもあるんですね(><

 

気がつかない間に年はとって、感覚も変わってきているんだな?と実感しました。。。

 

4791614569.jpg

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

平成22年度の税制改正に伴い連結納税制度も大幅に改正され、

使いやすくなりました。

 

とは言っても使いにくい制度です。。。

実務的には、合併などの組織再編で対応可能ですし、

連結納税は地方税には適用されませんので。

 

あくまで、諸事情があり合併等ができない法人が

最終手段として導入を検討するものだと思います。

 

とは言え、需要がなくとも専門家として勉強はしておかなければいけません。

この職種の辛いところです。。。

 

41kCnSwImvL__SL160_AA115_.jpg

ニーチェの言葉

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

本屋で平積みになっており最近よく目にする

「ニーチェの言葉」

全くニーチェについて知らないのですが、

話題性があることや、数ページ読んでみて

面白そうなので購入してみました!

 

内容としては、哲学書ではなく、

ビジネス書の分類になるような気がします。

 

ニーチェの言葉を断片的に切り取り

自己啓発的な内容やビジネス的な内容がメインであり、

現在でも通じる内容が多いことが驚きです。

 

ただ、私のようなニーチェについて無知な人間であれば

面白く読むことができ、

大変勉強にもなるのですが、

ニーチェに詳しい方が読むと酷評のようです。。。

 

ニーチェに詳しい知識がなく、かつビジネス本や自己啓発本が好きな方は

ぜひ読んで損はない1冊だと思います。

 

ちなみに私が好きに言葉は、

215番の「理想や夢を捨てない」

です。

 

28歳で独立して、はや2年6カ月。。。

30歳となってしまいましたが、40歳、50歳になっても

夢や理想を捨てない、人間でありたいと思います。

 

41f7+GvREiL__SL500_AA300_.jpg

経営戦略立案シナリオ

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

「経営戦略立案シナリオ」

私が良く読む著者のマーケティング本です。

 

以前読んだ

「売れる会社のすごい仕組み」

「ドリルを売るには穴を売れ」

「実践マーケティング戦略」

などと同じ著者の本です。

 

この著者のマーケティング本はすごい!

 

戦略BASiCSという独自理論がすべての本のベースです。

 

いろいろな伝統的な経営戦略理論の問題である

断片的な説明となっている点を痛烈に批判し、

全体的な視点に立ち、

すべての戦略が一貫性を持つ理論構成を説明しています。

 

独自で考えられた理論でそうですが、

マーケティング戦略理論としては、

この著者の理論が最高だと思います。

 

会計士の受験勉強でいろいろな経営理論を勉強しましたが、

どれも理解に苦しむものばかりです。

その点、この著者の理論はすぐに頭に入り、

かつ、すぐに実行したい!と思える内容です。

 

ただ、本著は網羅的な説明になっています。

 

小説仕立てで読みやすい

「売れる会社のすごい仕組み」

「ドリルを売るには穴を売れ」

をまずはお勧めします。

 

4761264284.jpg

繁栄し続ける会社のルール

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

私のようなビジネス本好きの人間であれば

一度は聞いたことがある小宮コンサル!!

 

よく本屋では目にしていましたし、

アマゾンの評価も高いということもあり

試しに購入してみました!

 

「繁栄し続ける会社のルール」

 

読んでみて全体的に感じたことは

ターゲットは誰??

という点です。

 

おそらく中小企業をターゲットにしたものと思いますが、

中小企業ではあまり身にならない話が多い気がしました。。。

 

上場企業や大手企業の事例にあげ、

この会社はすばらしい!とかこの会社はこのような発想だからダメになった!

など新聞やメディアで流れている上辺だけの情報での記載が目につきます。

 

実際、私自身、この本に書いているある大手企業に関与したこともありますが、

著者の書いた内容の薄さにがっかりしました。。。

 

実際の現場は、違うのにな?とギャップを感じました(><

 

中小企業の経営者の方でビジネス書として読むのであれば

あまりお勧めはできません。。。

実践的な内容が乏しいので。。。

 

どちらかといえば、大手企業の人事担当や経営企画の方などであれば

読む価値はあるかもしれません。

ただ、読んでみてこれを実務に適用できるかは微妙な気がしますが。。。

 

すみません。ちょっと辛口ブログになってしまいました(^^;

 

hannei.png

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。