2010年11月アーカイブ

ハーバード白熱教室 上

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

「これからの正義の話をしよう」

のもとになった講義録

 

「ハーバード白熱教室」

 

内容としては、「これからの正義の話をしよう」

と全く同じ内容です。

 

しかし、講義をまとめた内容となっており、

学生と著者とのヤリトリがリアルで、

「これからの正義の話をしよう」

よりも読みやすく、理解を促進できます。

 

どちらを読むかは人により好みが分かれるかと

思いますが、私の感覚としては、

今回の「ハーバード白熱教室」を

先に読んだほうが読みやすくて良いかと思います。

 

この正義というものに対する議論は非常に面白いです。

 

学生時代に倫理を勉強したことも影響しているのかもしれませんが、

何が正しくて何が正しくないのかという議論は

疑問に思うことはあっても、

議論する機会はほとんどありません。

 

人によって価値観が異なるものであり、

衝突を避けるため、議論をしないのかもしれません。

 

そんな、日常できない議論を

著書では、代弁してくれているような感覚になり、

思わず読んでて熱くなりました。

 

お勧めの一冊です。

 

51xWyVeMguL__SL500_AA300_.jpg

 

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

最近は、IFRSという国際会計基準が話題となっています。

まだ、日本では、強制適用されておりませんが、

業界の方々は、気になって勉強している方も多いと思います。

 

私も専門家として勉強をしているのですが、

最近、実務で自分がどの会計基準のことを言っているのか

混乱することがあります。

 

これは、日本の会計基準ではOK?

それは、国際会計基準の話?

税務基準の話?

 

と、どの基準で考えているのか

混乱するときが多々あります。

 

そんな中最近読んだ国際会計本

「IFRSの基本と実務がよ?くわかる本」

 

日本基準との違いを中心に説明されており、

全体像をイメージできる内容の本です。

 

ところどころの説明は

専門家、もしくは会計士試験や税理士試験を勉強した人でないと

分からない表現が多様されているのでどちらかというと

プロを対象とした国際基準初心者の本というイメージです。

 

全体像を理解するには、とても良い本だと思います。

 

専門的な分厚い本を読む前にまず読むべき1冊ではないでしょうか?

 

4798026549.jpg

 

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

会計やお金の本で「素人でもわかる」などの

タイトルで売っている本は多数ありますが、

会計士や税理士が書いた本が多く

実際読んでみると難しいという本が多いと思います。

 

「お金に好かれる人 嫌われる人」

という本を購入してみたのですが、

この本は、会計やお金に関する知識がない人でも

理解しやすい本という印象です。

 

経営者や経理担当者が必要とする会計用語は

あまり出てきません。

 

イメージで会計の知識を説明しています。

私のような会計の専門家でも

こういう説明をすると分りやすいなと

納得する内容です。

 

また、お金に関する知識も充実しています。

 

金持ち父さんシリーズの内容に類似したものではありますが、

あの分厚い金持ち父さんシリーズの本をコンパクトに要約した説明で、

かつポイントは適切に押さえていると思います。

 

説明している内容も食べ放題のお店、車や家は購入すべきかなど

私たちの生活で身近な題材が取り上げられており、

興味深く読むことができました。

 

専門的な知識を求めるのではなく、

とりあえずお金や会計の基礎的な知識を得たいという方には、

お勧めの一冊です。

 

4062162970.jpg

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

IFRS。。。

最近は、本屋で大量に置いてあります。

 

業界人としては、避けてはとおれない話ですね。。。

 

顧問先で退職給付会計に絡むことがあるので、

今回は、「ひとめでわかるIFRSの退職給付会計」という

退職給付会計にのみ焦点をあてている本を購入してみました。

 

日本の退職給付会計ですら非常に分かりにくいため、

実務で慣れていないIFRSはさらに理解に疲れます。。。

 

さらに理解を苦しめるのが

IFRSそのものが未確定な要素が多いこともあります(><

 

IFRSで仕事が増えるとはあまり想定できませんが、

会計士として最低限の知識は必要です。

 

いままで勉強していた日本基準は何だったんだ?!!

と思いたくなる内容もありますが、

やむを得ないですね(^^;

 

懲りずにIFRSの知識も少しずつ得なければと思う今日この頃です。。。

 

 

4492092897.jpg

Newton 生命誕生の謎

こんにちは!

公認会計士・税理士・行政書士の堀井です。

 

まったく会計とは関係ありませんが、

生命とか宇宙といった未知の世界に非常に興味があります。

 

コンビニの雑誌コーナーに何気なく置いてあった

生命誕生の謎。。。

 

非常に興味が魅かれ思わず購入です。

 

非常に興味深い内容です(^^

DNAやRNA、タンパク質、、、

生命の起源を模索する内容!

 

また、驚きというか面白かったのは、

人間を構成する細胞の数よりも

人間の中で生きている細菌の数のほうが

多いということです。

しかも、細菌すべての重さは約1kg!!!

私たちの体重のうち1kgは最近の重さということです。

 

その他、相対性理論など

私の興味をそそられる内容ばかりでした(^^)/

 

満足する一冊です。

 

51N2k76aDTL__SL500_AA300_.jpg

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。