2011年9月アーカイブ

こんにちは!

公認会計士、税理士、行政書士の堀井です。

 

小山氏の株式会社武蔵野の人事制度公開本

「絶対に会社を潰さない強い社員の育て方」

 

株式会社武蔵野の人事評価制度、

給与や賞与制度を通じての人材の育成、

モチベーションの向上などが主テーマです。

 

アマゾンなどの評価も高評価で、

真似をしたいというコメントが多数ありますが、

会社によりけりかと思います。

 

社員のやる気をお金で釣るという発想や

奥さんを巻き込んで仕事のやる気を出させるなど

いろいろなモチベーション向上策が

記載されていますが、

会社にはそれぞれの企業文化があり、

いきなり、株式会社武蔵野の手法を

取り込むことには、弊害も多々あると思います。

 

株式会社武蔵野と似たような企業文化の会社を経営されている方や

これから起業される方で株式会社武蔵野と同じような組織を作りたい方

まだ起業文化の変化が容易に可能である法人の経営者で

株式会社武蔵野と同じような組織を作りたい方

 

などには、お勧めの一冊かと思います。

 

自分の場合には、求めている組織形態と異なる気がしたので、

ちょっと参考にするのは、難しいかなと読んでて思いましたが。。。

 

61YCoKy6DEL__AA300_.jpg

 

正義と哲学のはなし

こんにちは!

公認会計士、税理士、行政書士の堀井です。

 

東日本大震災が起こり、

改めて正義とは何かという

根本的なことを考えるようになりました。

 

まさ最近では、

サンデル教授の授業も

注目されており、

正義について改めて見直す機会が多い

と思います。

 

それにも関わらず、

何が正しいのかということを

あまり勉強しない傾向にあります。

(大半が無宗教ということもありますが)

 

政治家も同じですね。

各政党、各政治家に倫理感や

筋の通った哲学を持った方が少ないため

国民受けの良さそうな政策ばかり目につきます。

増税はしないが、社会福祉は向上させる。。。

滅茶苦茶な話ですね。

 

そんな中、本屋で見つけた

「政治と哲学のはなし」

 

マンガでわかると表題はなっていますが、

マンガの部分は少しで大半は文字です(^^;

 

内容は、学生時代の教科書の簡易版というところです。

 

サンデル教授の本のような、

正義とは何かということについて

学生と熱く議論するというものではなく、

あくまで教科書的な内容です。

 

そのため、基礎的な内容を知らないで

読むとちょっと退屈になるかもしれません。

 

もうちょっとマンガの部分が多っかたり、

正義とは何かという葛藤があると

面白かったように思います。

 

seigitotetsugaku.png

 

ジワジワ来る〇〇

こんにちは!

公認会計士、税理士、行政書士の堀井です。

 

ちょっと前にメディアやツィッターで話題になった

著作権が問題になっているネット上の面白い画像を

集めて本にした本

「ジワジワ来る〇〇」

 

コンビニで見かけて

ちょっと見て購入してみたのですが、

かなり笑ってしまいました(^^

移動時間を利用して電車の中で

見ていたのですが、

明らかに変な人と思われるくらい

1人で爆笑してしまいました(><

 

読むのをやめることができず

一気に読んでしまいました(笑

 

いろいろ問題はありますが、

素直に面白かったです。

 

51fGOIekZ8L__SL500_AA300_.jpg

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。