別表A(1)剰余金が発生した場合の記載例の検討1

こんにちは!
公益法人・学会・保育所会計を専門とする会計事務所、アダムズの堀井です。

7月19日のブログでも記載しましたが、内閣府より「公益法人の会計に関する諸課題の検討の整理について」が公表され、剰余金が発生した場合の定期提出書類別表A(1)に記載する記載例が明示され、すでに3月決算で6月に提出した定期提出書類について指導が始まっています。

今回から数回に分けて、別表A(1)で剰余金が発生した場合の記載について検討したいと思います。
まず、今回は剰余金が発生した場合、その発生原因を記載することが明確になった点がポイントとしてあります。
この発生原因については、記載例を見ると、発生年度別に原因を記載し、その解消計画も発生年度別に記載する必要があるようです。
したがって、今までは、単純に別表A(1)に記載された剰余金が500(前期発生100、当期発生400)だったとすると、当該500について単純に翌年度以降、どのように使用するか記載すればよかったのですが、今後は、前期発生100の剰余金の発生原因とその解消計画、当期発生400の剰余金の発生原因とその解消計画を別々に記載していく必要があるということになります。
発生原因については、何を記載すれば良いか実務上、迷うところですが、記載例によると予算と実績の比較で原因を記載しているようですので、実務においてもこの記載例が転用されることが多いのではないかと想定されます。

この点については、今までアバウトに記載していた公益法人も多いと思いますが、運用が厳格化されたイメージです。


個別無料相談を開催しております。
下記ホームページよりお気軽にお申込みください。

株式会社アダムズグループのホームページ

株式会社アダムズ
http://www.adamz.jp/

【運営サイト】
新公益法人.com
http://www.koueki-tax.com/

学会税金.com
http://www.gakkai-tax.com/

保育所会計センター
http://hoiku-tax.com/

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ahoriiが2017年8月 2日 10:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「公益法人インフォメーションのシステム停止期間(4月決算法人要注意)」です。

次のブログ記事は「個人情報保護法改正に伴うマイナンバーガイドラインの改正について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。