「令和3年度公益法人の会計に関する諸課題の検討状況について」の公表

こんにちは!
非営利法人を専門とする会計事務所、アダムズグループの細井です。

令和4年3月28日に「令和3年度公益法人の会計に関する諸課題の検討状況について」が公表されました。

今回は過年度より議論の対象となっている正味財産増減計算書から活動計算書への名称の変更、またそれに伴う記載内容の変更の是非についての議論が主な内容となっています。

特に気になるのは、記載内容が変更になる場合には指定正味財産から一般正味財産への振替の会計処理は廃止すべきであるとの意見が大勢を占めた、という点です。

現在の、寄付者等の意思により使途について制約が課されている指定正味財産と、法人の機関決定により使途について制約が課されている一般正味財産の区別をなくし、単に使途の制約の有無により「拘束純資産」と「非拘束純資産」という新しい概念で区分する方向での検討が進んでいるようです。

今後ますます目が離せない本件については、引き続きこのブログでも取り扱っていきたいと思います。

初回のお問い合わせのお客様限定で1時間程度の無料相談を開催しております。
下記お問い合わせページよりお気軽にお申込みください。
https://www.koueki-tax.com/contact/

新公益法人.comホームページ
https://www.koueki-tax.com/

アダムズグループホームページ
https://www.adamz.jp/

このブログ記事について

このページは、ahoriiが2022年4月 4日 16:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社員総会参考資料等の電子提供制度」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。