2019年監査指摘事項

こんにちは!
堀井公認会計士事務所、アダムズグループの浜田です。

決算の時期も終わり、施設の監査に立ち会うことが多くなってきました。
そこで施設監査で今年よく指摘を受けている内容を書いていきます。

年度末には施設にある固定資産が台帳と合っているか実地確認をされると思いますが、この確認を行ったことについて書面で残すようにという指摘が2件ありました。
規程で定められた固定資産管理責任者の署名、押印と実施日を記載するようにしましょう。

また、代表者などに経理規程に定められた会計報告などを行う場合も書面に残すことという指摘もありました。
規程で定められたことをただ行うだけではなく、行ったという証跡を残しておくという意識が大切ですね。


個別無料相談を開催しております。
下記ホームページよりお気軽にお申込みください。
https://hoiku-tax.com/contact.html

保育所会計センタートップページ
https://hoiku-tax.com/index.php